実務を通して得た「失敗しないため」のノウハウを公開!


by daikyo4

「契約書」見たことありますか?

「土地を買って、設計をして、建物を造る」この3つの事って、経験したことがない方にとっては、すごく大変なことだと思います。

どれひとつとっても、失敗が許されず、かといって知識や経験がない。
「何を基準にして事を運べばいいのかよく分らない・・・」
お客様との会話の中でよく聞く言葉が「基準」です。

実は、判断基準のひとつに、契約書があります。

土地取引に関しては「土地売買契約書」。
設計に関しては「設計委託契約書」。
建築に関しては「建築請負契約書」。

それぞれ、契約書の内容が重要なのです。
土地を一生懸命さがしたり、建物の完成見学会やモデルルームを見てまわる方は多いのですが、契約書を見たことがないという方がほとんどです。

「担当者との約束事が明記されているか」「契約内容に漏れや抜けがないか」などなど、とても重要なのが契約書なのです。

「契約書ってどこで売っているの?」「誰に頼めば見せてくれるの?」など、入手方法がわからない方も多いとおもいますが、契約書の入手のカンタンな方法は、業者側の担当者に頼めば契約書のコピーはもらえます。

買う土地を決めてから、契約書を見せてもらうのではなく、先に契約書を見せてもらい、内容が理解できるかチェックされた後に土地を探し始めるのも、失敗を避けるひとつの手だと思いますよ。


a0028715_1733310.jpg


(写真コメント)  大鏡プロデュースでは、ご契約をして頂く前に、お客様には契約書をお渡しして、内容を確認してもらっております。


神谷の不動産マメ知識へもどる
[PR]
by daikyo4 | 2004-11-15 17:09 | 豆知識