実務を通して得た「失敗しないため」のノウハウを公開!


by daikyo4

今期借地料の値上りは少し期待できそうです。

 沖縄県内の地元新聞紙では、連日基地関連の記事が取り上げられておりますが、その中でも我々軍用地主の立場として注視しているのが下記2点です。

・今期の借地料の値上り率
 *2012年夏の借地料に大きく影響

・2012年5月に切れる軍用地の借地契約更新後のお礼金の金額
 *国と地主の借地契約期間は20年。
  契約更新後に「お礼金」の名目で借地料と別に振り込まれる。

 例年であれば、年末に軍用地主会と防衛省や財務省などの関係官庁と今期の借地料の値上り率を折衝して決定します。
それを年明けの1月初旬頃までに各地主さん達へ通達される、という流れになっておりました。
が、今期に関してはこの1ヶ月の間に、下記防衛省関係者による大失態が3連発も有り、まとまるのに少し時間がかかりそうな雲行きです。

1.防衛施設局の田中局長による「犯す前に言うか」発言
 オフレコ懇談会で出た発言だが、あまりに心無い発言に琉球新報がリークした

2.防衛大臣による「詳しくは知らない」発言や「罷免問題」
 防衛施設局長の問題発言を受けて一川防衛大臣が謝罪会見時に発言
 一川氏は「少女暴行事件」を「少女乱交事件」と言い間違える失言もしている

3.防衛省の担当者による「コピーでも契約同意とみなす」発言
土地連の浜比嘉勇会長によると、20年に一度の契約更新を控えた一昨年、防衛省から「契約への同意の状況を確認したいので、同意書のコピーを提出してほしい。賃貸料の交渉とは関係ない」と申し出があり、昨年3月までに全会員分を提出した。ところが今月2日、賃貸料の交渉の場で、防衛省の担当者から「法律上はコピーでも契約同意とみなすことができる」との見解が示されたという。
(2011年12月8日 読売新聞)読売新聞ニュースサイト 元記事

上記を踏まえ、わりかし協力的であった地主会側もさすがに態度を硬化させており、沖縄県内地元紙の新聞記事に出ているように、国側が提示した今期の値上り率1.64%は低すぎて応じられないときっぱり断っております。
そんな状況ですので例年より交渉が長引くと予想できます。
地主の立場としては、地主会に良い結果が出るよう頑張ってほしいと願っている状況です。
a0028715_147268.jpg

琉球新報ニュースサイト 元記事

 借地料の値上り率が決まると予想される2012年1月中旬頃までに購入できれば、値上り前の価格で購入できます。そして2012年5月頃の契約更新時のお礼金も期待したいので、購入するのであれば、今が非常に良い時期だと思いますよ^^

神谷の不動産まめ知識へ戻る
[PR]
by daikyo4 | 2011-12-14 15:07 | 軍用地