実務を通して得た「失敗しないため」のノウハウを公開!


by daikyo4

更地の売主と中古住宅の売主の違い

a0028715_20415.jpg先日、土地の協同買い取りの依頼をして来たAさんと一緒に、地主のUさんにお会いして来ました。

200坪の土地をまとめてしか売らないと言う地主のUさんにたいして、一括して買うことで話しが決まりかけていた矢先のことです。Aさんが横から一言、 

「中古住宅も半分値段になっている時代だから坪単価あと少し下げたらすぐ買いますけどねー。」

この一言にたいして、地主のUさんカチンと反論の一言、

「だったら中古買ったらいいさー。」
「あなた、なにか、カン違いしてないねー。別にお金に困って売る訳でもないし、あんたたちが地元のT先輩を通して土地を譲って欲しいと言うから売る話しに乗ったけど、さっきの言い方は、金に困っている人にもの言っているみたいでとってもシンガイだなー。この話しなかったことにしてくれ。」
と言い、私達にとりつくひまも与えず怒って帰ってしまいました。Aさんの言い方も少しきつかったのです。

Aさんは、この一年あまり中古住宅を検討していた方で不動産を売る人は、お金に困っている人という、イメージをもっていたらしく、Aさんの一言は地主のUさんのプライドをいたくきずつけてしまいました。

しかし、Aさんご家族にとってその土地は理想的で、めったに売り地がでない場所なのであきらめるわけにもいかず、その日の晩にAさんの奥さんもご一緒にUさんの自宅を訪ねたのですが、「土地はしばらくは売らない」ということで話しが流れてしまいました。

実はこの地主のUさんは、小禄でも有名な大金持ちの資産家だったのです。
帰りがけAさん曰く「年上で、しかもあんな大金持ちの人に失言してしまったなー。」と、反省しきり。

奥さんにも怒られAさんにとって、最悪の一日になってしまいました。

=== 土地取引きの教訓その1 ===

特に小禄の更地の地主は、金持ちが多い。

生前贈与は税金が高いので、地主は年寄りが多い。

小禄地区では、土地を売る場合は、友人・知人に知られるのを嫌う。


神谷の不動産マメ知識へもどる
[PR]
by daikyo4 | 2004-06-25 19:51 | 豆知識