実務を通して得た「失敗しないため」のノウハウを公開!


by daikyo4

<   2005年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

大鏡建設(株)グループの組織は大きく分けると、公共、民間の
建設工事を主体とした大鏡建設、介護付有料老人ホームを運営
してるライフケアー(株)、不動産取引や住宅建築のアドバイス
を主体としてる大鏡プロデュースに分かれます。

おかげさまで、最近はどの部門もお客様からのご相談が多く、
みな忙しく働いています。

昨日社内が明るくなる嬉しい話がありました。

会社に外出先から戻ってくると、設計・営業を担当してるN君の
お客様Aさんが住宅兼アパートの契約で来社されておりました。

Y部長も交えながら無事契約もおわり、Aさんから

「N君にはいろいろ相談にのってもらい、そのつど親切丁寧に
対応していただきました。おかげさまで、満足のいく建物の設計
になりました。ありがとう。」と、嬉しいおほめの言葉をいくつか
頂きました。

部門は違えど身内がほめられるのを聞くと嬉しくなってくるもので、

これもN君が誠実に仕事をしてきたからこその結果だとおもいます。

a0028715_19203274.jpg


写真コメント・・・朝礼前の社内の写真をこっそりパチリ

大鏡プロディースへもどる
[PR]
by daikyo4 | 2005-04-08 19:12
先月、宮古島出身の先輩方と飲む機会があり、宮古島の話で場が盛り上がりました。
話の中で、宮古島の土地の話になり、先輩の一人から宮古島に所有している不動産を売却したいとの相談を受けました。

先輩の話を聞くと、宮古島を離れてから、これまで那覇市で暮らしており、親兄弟も沖縄本島に移り住んでいるとのこと。

これから、宮古島に戻って生活するというのは、家族の意見としても生活基盤のできている現在では、難しい。

宮古に残っている、不動産を手放したいと以前から考えていたが、宮古島の不動産の相場や、どの業者に依頼していいのか判らない。また、仕事が忙しくて宮古島に行く時間がない・・・など、身近に宮古島の不動産の相談相手がいなくて困っていたとのことでした。

先輩の依頼を受け、宮古島に行き、以前の会社の元部下の松川君にも手伝ってもらいながら、現地や市場を調べてみると、以外にも土地の所有者は地元に住んでる方より、本島や他府県に住んでいる方が多いことがわかりました。

宮古島から戻り、先輩へ現地の状況や市場調査を報告すると、
「私の知人も同じように、宮古島の不動産の処分で困っている人がいて、宮古島専門の会社が那覇にあれば、大変助かるけどな~」と言われ、知人の不動産も含めて、販売を依頼されてきました。

いろいろ考えた結果、これも何かの縁だとおもい、引き受けることにいたしました。

ひょんな事から、宮古島の物件を扱うことになりましたが、元部下の松川くんを宮古島の現地不動産アドバイザーとして頑張ってもらいながら、私たち大鏡建設(株)グループのこれまで培ってきたノウハウや、実務経験をいかしながら、宮古島の売主さん、買主さんが安心できる不動産取引きを心がけていきますので、今後ともよろしくお願いいたします 

a0028715_1632878.jpg


写真コメント
宮古出身のスタッフ上地のオススメ「宮古そば」
あっさりした麺と濃くのあるスープが美味しく、味のしみたソーキが旨い!
宮古に行くときは、かならず丸吉食堂に寄ってしまいそうです。

神谷の不動産まめ知識へ戻る
[PR]
by daikyo4 | 2005-04-01 16:34 | 土地・建物