実務を通して得た「失敗しないため」のノウハウを公開!


by daikyo4

<   2005年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

慣習や考え方の違い

本土の土地取引の場合、土地の名義を変える所有権移転の登記費用は、買主負担が一般的です。
しかし、沖縄では、売主・買主さんの折半が一般的な慣習です。

また、都市部では測量図面に基いた実測売買が一般的なのに対して農村部では土地単価が安いということもあり、登記簿謄本の登記簿面積による売買が一般的です。

土地の現状に関しても、様々なケースで取引されています。
売主さんの費用で綺麗に整地する場合もあれば、売主さんの要望で雑草が生い茂った状態で現状取引したりと様々。

それぞれ慣習や考え方、年齢や性別も異なりますので、不動産取引に関しては自分本位の考え方を主張されても取引は、上手くいかない場合がほとんどです。

良い不動産取引をするためには、売主さん、買主さんが、考え方に柔軟性を持って取引に望まれたほうが、お互いにとって良い結果に繋がるケースが圧倒的に多いですよ。

a0028715_1649564.gif

写真コメント

現況測量図は、面積の確定、境界ポイントの確認、設計図面の作成等に大変役に立つものですよ。


神谷の不動産・まめ知識へもどる
[PR]
by daikyo4 | 2005-06-24 16:51 | 豆知識

やりたかった事

最近、本土の方との取引が増え、建物の相談を
受ける機会が増えてきました。

私自身、あまり意識していなかった沖縄の良さを逆にお客様から
教えられる事なども多々あり、改めて”沖縄の沖縄らしい良さ”
が好きになりました。

そんな本土のお客様とのご縁により、今度、沖縄本島や宮古島で
土地付の「琉球古民家風赤瓦住宅」を、本土のお客様や
セカンドハウスを考えていらっしゃるお客様向けに新商品
としてご提案していくことになり、現在、奮闘してる最中です!

a0028715_1184672.jpg

※設備等は現代風にアレンジしております。

神谷の不動産・まめ知識へもどる
[PR]
by daikyo4 | 2005-06-22 10:57 | 土地・建物

雨水の排水計画の大切さ

今週、沖縄本島地方は大雨洪水注意報がでるほど
豪雨に見舞われてしまいました。

新聞でも道路の決壊や土砂崩れなどの記事が頻繁
にのっていて、自分たちが扱っている物件は大丈夫
かなと心配になり現場を見て回ってきました。

見た限りでは、とくに浸水していたとか極端に
水はけが悪い現場はなくひと安心。

以前、コラムにも出したことがありますが、
敷地内の雨水の排水計画は設計図面の中に入れていた
ほうが良いのです。

雨水の排水計画は外構工事の一部だから建築会社が
施主と打ち合わせすべきだと言う設計士さんもおりますが
二重三重にチェックしておいて損はないはずです。

雨水の排水処理を図面で明確化し、建築会社まかせにしない、
そんな設計士さんがベストだと思います。

a0028715_16582370.jpg

写真 プロデュースのお付き合いしてる設計士さん達は細かな気配りができる方ばかりですよ。
     
神谷の不動産・まめ知識へもどる
[PR]
by daikyo4 | 2005-06-20 15:34 | 土地・建物
宮古島に行くたびに思うことがあります。

それは、目と目があえば知らない人にもさりげなく
会釈(挨拶)をしてくれる年配の方が多いんです。

とくに宮古島の年配の方と話をすると素朴な人柄に
癒される場合が多々あります。

おそらく生まれ育った宮古島の環境がそうさせるのでしょう。

都会に憧れる若い人たちにとっては退屈な島かも知れませんが
都会を知り尽くした人達から見れば時間が止まっているような
環境こそがお金では買えない贅沢なんですよね。

今、本土のお客様からの問い合わせや相談が多く、そのニーズに
あった安心できる商品を提供するために奮闘しています!

もっと多くの方に宮古島の良さが伝わればいいなと思う今日このごろです。

a0028715_11111295.jpg


写真 民宿イキャバルの古波蔵さんは癒し系の中の一人です。

民宿 『イキャバル』



大鏡プロディースへもどる
[PR]
by daikyo4 | 2005-06-15 11:06
取引の関係で宮古島へは頻繁に行く機会が増えました。
最初に驚いたのがエメラルドグリーンの海の色!

自分が小さい時はまだ那覇市の近くでもエメラルドの
綺麗な海を頻繁に見ることができたように思います。

残念ながら最近、沖縄本島の海で見ることは
少なくなってしまいました。

先日ご契約をされたお客様のSさんはホームページに公開
した海の写真は合成写真だと思っていたそうです。

実際に現地で海を見られ大感激!!

海を見慣れた那覇の人でも宮古島の海は凄く綺麗と感じるのに
本土の人ならなおさらなのでしょう。

仕事柄飲む機会が多く夜のネオンの色もカラフルでいいのですが
時々は宮古島のエメラルドグリーンの海をながめながらボーッと
するのも究極の贅沢ではないでしょうか!?


a0028715_9332268.jpg


写真1 栗間大橋の上から見た海の色の、あまりの綺麗さに思わずパチリ
[PR]
by daikyo4 | 2005-06-07 09:34